ローコスト住宅建設でサティスファイ値向上|建設方法簡単入手!

不動産

工夫をして安くする

不動産

ローコスト住宅とは坪単価で20万円~40万円で建設できるような住宅のことをいいます。福岡のような都会で建設する一戸建てといえば25~30坪が平均の坪数となりますが、これを当てはめると約1,000万円前後で一戸建てが建設できる計算になります。もちろんこれには土地代は含まれていません。福岡は日本の中でも有数の繁華街がある地域なので、坪単位の単価がとても高くなっています。しかしローコスト住宅であれば建設費用が抑えられるので、総合したときに地方に建築する場合と変わらない費用で住宅が建設できることになるのです。この不況やインフレの中、福岡でも物の単価はどんどん高くなっています。それでもローコスト住宅が実現できるのはなぜなのかというと、企業の工夫が功を奏しているのです。

ローコスト住宅建設業者は福岡にもありますが、最近の技術の向上で全国的にローコスト住宅の提供が実現したのです。しかも住宅の耐震を始めとする構造の基準は年々上がっています。その基準をクリアしつつ費用も抑えることができるのですから、ローコスト住宅を実現するには相当な工夫が必要になってくるといえるのです。福岡でローコスト住宅を建設している業者では、しっかりとした建材で安全な住宅が建てられ、かつ費用を抑えられるように中間マージンをカットしたり仕入れを大量に行なうという工夫をしているのです。資材カットは今まで別工場で行っていたものを、福岡の業者が独自の生産ラインで、自社で行っていたりするのです。また、福岡のテレビや新聞を利用した広告をせず、口コミやホームページで宣伝を行い、宣伝費を極力カットするといった工夫をしているのです。